外壁塗装の種類

外壁塗装における塗料の種類や特徴を再掲します。

また、このページでは、塗料の種類毎の特徴を詳しく説明したいと思います。

塗料の種類 耐用年数 単位 単価 主な適応素材 特徴
アクリル系塗料 5~8年 1,000~1,200円 モルタル
サイディング
ヒビ割れしやすい
ウレタン系塗料 8~10年 1,200~1,800円 モルタル
サイディング
紫外線に強く水はじきもよく長持ちする
防汚性に劣る
シリコン系塗料 10~15年 2,500~3,500円 モルタル
サイディング
紫外線や汚れに強く防汚性も高い
フッ素系塗料 12~20年 3,500~4,500円 モルタル
サイディング
耐久性に優れている
光触媒・無機塗料 15~20年 5,000~5,500円 モルタル
サイディング
汚れが非常に付きにくい
遮熱・断熱塗料(ガイナ) 15~20年 5,000~5,500円 モルタル
サイディング
温度差で2~3度の断熱・遮熱効果がある

※ヌリカエ様のHPより引用

 

1.アクリル系塗料

アクリル系塗料は、アクリル系合成樹脂を主成分とする塗料の全般のことを言います。

アクリル系塗料は、価格の安さと発色の良さで15年ほど前の登場当初は人気がありましたが、
ヒビ割れや劣化など塗料としての耐久性に乏しく、現在では塗り替え用にはあまり使われなくなってきました。

【アクリル系塗料のメリット】

・価格の安さが最大の魅力で、発色が良いため重ね塗りなどの施工性に優れる。
・高温でも変色しにくく、独特のツヤ感と滑らかさがある。
・デザイン性を重視、鮮やかさの強調、短期間のサイクルで塗り替える予定がある、期間限定のディスプレイ的な塗装など、割り切った考え方の塗装をする場合に適している。

【アクリル系塗料のデメリット】

・耐用年数が5~8年程度と短い
・透湿性が高く、ヒビ割れしやすいので外壁塗装には不向きとされている
※ただし、その特徴を利用して、サイディングではなくモルタル塗り壁の新築物件の場合、しばらくの間モルタルが伸縮し壁そのものにヒビが入ることがあるため、業者判断で敢えてアクリル系塗料を使う場合がある。

 

2.ウレタン系塗料

ウレタン系塗料とは、ウレタン系樹脂を主成分とする塗料の全般のことを言います。

【ウレタン系塗料のメリット】

価格、耐久性、機能性などのバランスが最も良いことから「万能塗料」とも呼ばれています。

適切な下地と組み合わせることによって細部の塗装にも適しており、シリコン系塗料やフッ素系塗料が主流となった現在でも、木質や塩ビ製雨樋などの細かな箇所の塗装には、ウレタン系塗料を使用することも少なくありません。

その他、耐候性、耐水性、耐薬性の面でも優れています。

【ウレタン系塗料のデメリット】

ウレタン系塗料の耐用年数は8~10年程度と言われ、アクリル系塗料よりは優れていますが、シリコン系塗料やフッ素系塗料に比べると、耐久性の面で劣っています。

その他、防汚性や紫外線への抵抗力の面では、他の塗料よりやや劣っています。

また、光沢のある仕上がりが長続きする一方、変色しやすい点もデメリットの一つです。

 

3.シリコン系塗料

ケイ素(Si)をベースとした塗料で、リフォームの外壁塗装の主流です。

やや単価が高めの「フッ素系塗料」「遮熱塗料」「光触媒塗料」もあるけど、総額100万円超えは間違いない塗料なので手が出しにくい...でも一番質が低いアクリル塗料を使うのはイヤ!

そのような理由で「ウレタン」か「シリコン」でみんな悩んでいらっしゃることが多くなっています。

【シリコン系塗料のメリット】

・約600℃に耐える高耐熱性塗料
(ただし、アクリルシリコン樹脂は、耐熱性が200℃に落ちる)
・耐熱性、耐侯性に優れている。
・汚れを寄せ付けない特性がある。

【シリコン系塗料のデメリット】

・低粘度のため顔料が沈澱しやすい
・価格が高い
・他の樹脂(主にアクリル)と組み合わせて変性したものが使われている。
・やや付着性に劣る

 

4.フッ素系塗料

その名の通りフッ素をベースとした塗料で、フッ素樹脂の技術を使って開発された塗料であり、寿命の長い塗膜を作ることが大きな特徴です。

フッ素が持つ非粘着性や耐摩耗性、難燃性を利用し、外壁塗装においては大きなメリットを与えてくれます。

焦げないフライパンに使われているのがフッ素加工の技術ですので、素人の方でも理解しやすいのではないでしょうか?

【フッ素系塗料のメリット】

・耐熱性、親水性、防カビ性、防藻性、対候性、耐摩耗性の面で非常に優れている

【フッ素系塗料のデメリット】

・価格が高い
・塗料としての寿命は長いが、建物そのものを延命する効果はない(ボロボロの家への施工は不向き)
・ツヤありの塗料に限定される(ツヤなしの塗料が無い)。
・施工業者が限られる(フッ素系塗料は大型施設によく用いられるので、フッ素塗料を適切に取り扱い、施工できる業者が限定される)

 

5.光触媒塗料

「太陽の光で汚れを分解し浮かせる」→「雨水で汚れを洗い流す」

つまり、自然の力で汚れを落とすことが可能という特徴があります。その他、空気を浄化する性能も併せ持っており、環境にも貢献できる高性能な塗料です。

この技術はタイルメーカーである「TOTO」が開発したものです。

【光触媒塗料のメリット】

  • ・汚れが非常に付きにくい
  • ・汚れを浮かせ、洗い流すいわば「自動お掃除」性能
  • ・カビ・藻が発生しにくい
  • ・耐用年数が長い(約20年)
  • ・空気を浄化する
  • ・臭いを分解する
  • ・環境に優しい
  • ・遮熱効果もある

【光触媒塗料のデメリット】

  • ・まだまだ施工価格が高い
  • ・塗る人により性能差が生じる
  • ・サビには効果が無い
  • ・壁内からの汚れには対応できない
  • ・光が当たらないところは性能が発揮できない
    (隣接する建物との距離が1メートル以下の場所はNG)
  • ・雨水が当たりにくい箇所は汚れを自然に洗い流す事はできない
  • ・無機質系の汚れ(土砂など)は分解できない

 

6.無機塗料

アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素系塗料が炭素が入っている有機塗料と呼ばれているのに対し、セラミックやケイ素・ガラス・タイルなど、無機質である「鉱物」を主原料としたものが無機塗料です。

無機質だけでは施工が出来ないので、実際にはシリコンなどの有機物が混ぜて作られています。

【無機塗料のメリット】

  • ・対候性が高い(特に紫外線に強い)
  • ・汚れにくい(光触媒塗料と同様のセルフクリーニング効果が期待できる)
  • ・燃えにくい

【無機塗料のデメリット】

  • ・まだまだ施工価格が高い
  • ・塗膜
  • ・塗膜表面が硬いためヒビ割れが起きやすい(施工業者の腕や下地処理の程度によっては全く割れない)

 

7.遮熱・断熱塗料(ガイナ塗料)

ガイナとは開発元の(株)日進産業の商標であり、一言でまとめるなら「日本(JAXA)の宇宙ロケット開発技術を応用して生み出された水性セラミック配合アクリルシリコン樹脂断熱塗料」です。

つまり、航空宇宙産業で得られたセラミック技術を用い、高反射率、高放熱性、低熱伝導性、小比熱容量を実現した塗料です。

内外の断熱効果もさることながら、湿気の多い土地で結露を防ぐのにも効果があり注目されています。

【ガイナ塗料のメリット】

  • ・耐久性が高く、色も豊富
  • ・仕上がりが非常にきれい

【ガイナ塗料のデメリット】

  • ・まだまだ施工価格が高い
  • ・ツヤがない

 

さて、長くなってしまいましたが、外壁塗装の塗料の種類や大まかな特徴をお伝えしました。

最終的には発注主であるあなたの判断にはなりますが、高価な塗料は1回あたりの施工金額は高くなっても、その後のリフォーム回数は減りますから、結果としてライフサイクルコストは安くなります。

ご予算や今後のリフォームの見込み等、総合的に勘案されて塗料を決定されて下さいね!

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません