外壁塗装の費用と相場

外壁塗装の費用の相場を調べるにあたり、ある程度理解しておくべきことが「足場工事に関する費用」と「塗料に関する費用」です。

それぞれについて、目安となる相場とポイントを下記いたします。

なお、単価については、お住まいの地域によって若干の相違があることをご承知おき下さい。

 

1.足場工事費用の相場について

項 目 内 容 単 位 単 価
仮設足場 2階建て ¥750
3階建て ¥800
屋根足場 必要な場合 ¥800
養生 窓などの保護 ¥200

※ヌリカエ様のHPより引用

 

まず、足場工事については、高さが概ね2mを超える外壁について、塗装の作業を安全に且つ確実に行うため、着工前に足場を敷設し、工事完了後に撤去します。

平屋建ての場合は、ウマ(台形状の脚立)やハシゴを使うので、足場を掛けることは少なくなっていますが、家屋の形状によっては足場が必要な場合もあります。

2階建て以上の場合は、足場が必要となりますので、ご自宅の建築面積延べ床面積に単価を掛ければ、足場工事費用のおおまかな目安が算出できるでしょう。

養生とは、窓など外壁工事と関係ない箇所で、且つ汚れては困る箇所に対し、下地処理や壁の解体を行う時に生じるホコリや、塗装時に飛び散った塗料が付着するのを防止するため、マスカーやブルーシートなどで覆って保護することです。

いずれにしても、これらの正確な費用が判明するのは、現地調査後(ご自宅を確認後)に面積算定をしてからになります。

 

2.外壁塗装の塗料の種類について

塗料の種類 耐用年数 単位 単価 主な適応素材 特徴
アクリル系塗料 5~8年 1,000~1,200円 モルタル
サイディング
ヒビ割れしやすい
ウレタン系塗料 8~10年 1,200~1,800円 モルタル
サイディング
紫外線に強く水はじきもよく長持ちする
防汚性に劣る
シリコン系塗料 10~15年 2,500~3,500円 モルタル
サイディング
紫外線や汚れに強く防汚性も高い
フッ素系塗料 12~20年 3,500~4,500円 モルタル
サイディング
耐久性に優れている
光触媒・無機塗料 15~20年 5,000~5,500円 モルタル
サイディング
汚れが非常に付きにくい
遮熱・断熱塗料(ガイナ) 15~20年 5,000~5,500円 モルタル
サイディング
温度差で2~3度の断熱・遮熱効果がある

※ヌリカエ様のHPより引用

 

費用の面でも、質の面でも、外壁塗装費用の見積りで一番重要なことが塗料の種類です。

一般に広く使われているのが、シリコン系塗料とフッ素系塗料です。

近年では、単価は高くなりますが、より耐用年数が長く、防汚性の高い光触媒・無機塗料や断熱・遮熱効果が高いガイナ塗料のニーズも高まっています。

ご予算にもよりますが、次回のリフォーム(次回の外壁塗装)のことも考慮して、特徴も踏まえてどの塗料を使用するか、あなた自身がよく検討されて下さいね!

ちなみに、適応素材に「モルタル」と「サイディング」とありますが、よくご存じない方に分かりやすく説明するなら、モルタルはいわゆる「塗り壁」でコンクリート質の素材です。

「サイディング」は、「サイディングボード」とも呼ばれるように板状になっている素材のことです。

サイディングは、板状になっていることから、施工性が良く、モルタルに比べ材料費や施工費が安くつくため、近年の新築物件や外壁のリフォーム時によく用いられています。

形状も、石積調、レンガ・タイル調、木目調、塗り壁調と豊富で、様々な色から選べますので、費用の面でも、また完成度や見た目の面においてもオススメです。

 

3.その他の費用

上記の2点以外で、外壁塗装に係るその他の費用として主なもの、それが人件費です。

人件費がどの程度なら妥当なのか、管理人の主観も一部入りますが、目安をお教えしておきたいと思います(地域差やその時々の相場がありますので、あくまでも目安として捉えてください)。

公共工事に詳しい方ならご存じだと思いますが、公共工事の設計において、人件費の積算に用いられるのが「建設物価本」や国土交通省の「設計労務単価」ですね!

塗装をする作業員は、職種としては「塗装工」に分類されます。

一般の方は、建設物価本を見る機会はなかなか無いと思いますが、インターネットで検索すれば設計労務単価表は簡単に見つけられますので、塗装工の設計労務単価を目安にしてみて下さい。

実際に見積りを取った場合、建設物価本や設計労務単価に記載のある塗装工の単価と大きく乖離がないか見積明細書で確認しましょう!(別ページで詳細を書きますが、見積もりを取った時に見積明細書が無かったり、「人件費一式」で算出されたりしているのは論外ですよ!)

参考までに、この記事を書いている平成29年2月時点で適用されている設計労務単価は平成28年度のもので、都道府県によって異なりますが、最低が青森県の18,500円/日、最高が東京都の26,300円/日となっています。

よって、1人あたりの人件費が18,500円~26,300円/日の範囲ならば妥当と言えるでしょう。

参考までですが、この塗装工の単価は、賃金相当額とされ、諸経費を含まないとされています。

つまり、防毒マスク、消耗品などの購入費用や利益相当の金額を含まないため、本来作業員に支払われるべき金額と考えることができます。

したがって、

・設計労務単価より高ければ、ふっかけられている(ボッタクリの可能性がある)

・設計労務単価より低ければ、作業員の質が低い(可能性がある)

と考えることもできますね!

ここからは完全な余談になりますが、このページを書いている管理人は、一般的には(外壁塗装をする)建築塗装工より条件が良いとされる船舶塗装工なのですが、ハッキリ言って日当たりの賃金額は設計労務単価の金額よりかなり低いです(^^;

ですから、設計労務単価より若干低いのはあまり問題ない、高くなっているのは問題(つまり業者に対してツッコミを入れられる要素となる)と考えておきましょう!

もし、設計労務単価よりかなり高い金額を提示された時は、「設計労務単価より高いのはなぜ?」と業者に確認してみましょう!

 

以上、長くなってしまいましたが、外壁塗装費用の見積りを取る際の参考にして頂けましたら幸いです。

当ページからのリンク先とページ記載の内容につきましては一切関係ありません